故障診断 メディア報道

会社概要

災害時の突然の停電や計画停電の電源確保をお考えの方に

2010年に発売した蓄電式太陽光発電システムSOL Bankは、地震や台風などによる自然災害や事故などによる被災による停電に備えとして、日本各地の一般のご家庭や企業様、多くの施設などに導入されています。

東日本大震災の際にSOL Bankを購入していただいた大船渡の被災者の方から「何日も続いた停電の中、電気の灯りの中で食事ができたことが嬉しかった」と感謝されたときは、SOL Bankの開発メーカーとして存在意義を感じることができました。

大事に至らなければと心配していますが、日本各地で「近いうちに必ず発生する」と言われている新たな大震災に備えて、多くのみなさまにSOL Bankを備えていただければと切願しています。

今後も、使いやすく社会に役立つSOL Bankを開発していきますので、よろしく、お願い致します。

株式会社ソルバンク
代表取締役 岡本政志

SOL Bank(ソルバンク)とは
SOLは太陽を意味するラテン名で、ローマ神話の太陽神でもあります。太陽の光を蓄えるという意味で、SOL Bank(ソルバンク)と称しました。(商標登録済み)

会社概要

社名
株式会社ソルバンク
住所
神奈川県横浜市中区弥生町2-15-1 ストークタワー大通り公園III 804
代表者
代表取締役 岡本政志
設立
2012年3月
資本金
1,000,000円
事業内容
蓄電式太陽光発電システムの開発、販売
ポータブル電源の開発、販売LED製品の開発、販売
ショッピングサイトの運営
沿革
2012.03 蓄電式太陽光発電システム(独立型) SOL Bankシリーズの製造、販売、サービス会社として設立。
2012.03 横浜市中区弥生町に本社事務所を開設。
2013.09 綾瀬市に防災倉庫用(20 か所)の蓄電式太陽光発電システムを納入。
2013.12 ミャンマー向け蓄電式太陽光発電システムを納入。
2014.10 有栖川宮記念公園の公衆トイレ用蓄電式太陽光発電システムを納入。
2014.12 カンボジア向け蓄電式太陽光発電システムを納入。
2015.05 農業試験場(つくば)向け蓄電式太陽光発電システムを納入。
2016.01 NEXCO 向け高速道路侵入検知システム納入。
2017.09 NEXCO 向け高速道路逆走検知システム検証機納入。
2018.01 NEXCO 向け高速道路逆走防止システム検証機納入。
ページTOPへ